トップページ > 健康ライブラリー(目次) > ローズヒップ

 


シミ・しわ・くすみ・・・お肌を気にするならビタミンC!えっ...「ローズヒップ」ってビタミンCじゃないの!?話題のハーブ・ローズヒップの真相に迫ります。

日本のローズヒップティー事情♪
ローズヒップのお話
ローズヒップはCじゃない?!
ビタミンPってなぁに?
ちょっと詳しいビタミンP&ビタミンの話
一体なにに含まれているの?
サプリメントで摂るビタミンP


ローズヒップティーが最近話題ですが、これも色々種類があるようです。実がそのまままるまる入っているもの、実を細かく砕いて入っているもの、よくあるのが「ハイビスカス」とブレンドされているものなど。。色はピンク〜赤色。お湯を入れると赤くなります。味は少し酸味があるハーブティーという感じですかね。。表現が難しいのですがはちみつを入れて飲むのが一般的みたいです。もちろんそのままでも充分にいけます。ツウな飲み方は、「実ごと全部最後まで食べる!」です。でも結構気合がいるそうです。(はちみつを入れてもあまりおいしいとはいえない・・・)現在ではファミレスのドリンクバーなどにも、いろんな種類のハーブティーが置いてありますよね♪
あの独特の味が好きな方もいれば、ちょっと苦手・・・という方も結構いらっしゃるのでは!?もしくは、味はともかく「あの色が嫌。。。」という方。そんな方にお勧めなのがサプリメントでの摂取です。それでは、この「ローズヒップ」について、少しずつお話していきます♪


▲上に戻る



第二次世界大戦中、ドイツ軍は英国を潜水艦封鎖して物資の補給を絶ってしまったために、イギリスではシトラスフルーツが不足していました。国民が壊血病(ビタミンCが欠乏して起こる病気)にならないために、ビタミンCを必要としていたイギリスでは、政府が国全体にイギリスの全てのローズヒップを摘むように呼びかけました。そして、集めたローズヒップから人々に与えるビタミンCシロップを作ったのです。これがローズヒップが治療法として使われるようになった始まりだといわれています。当時ビタミンCといえばシトラスが一般的だったのですが、その後の調査で他にもビタミンCになるものがたくさんあることがわかってきました。ローズヒップにはシトラスフルーツのおよそ60倍ものビタミンCが含まれています。その中でもローズヒップは、最も有効利用できるビタミンCのひとつでしょう。それからビタミンCは風邪やインフルエンザや、肺炎、その他多くの病気に効果的であることがわかってきました。その上、普段から摂取していれば、病気にならないように予防ができるのです。
「リーナス・ポーリング博士(Linus Pauling)」をご存知ですか?ポーリング博士は風邪の予防や治療にビタミンCの摂取を勧めたことで有名なのです。1954年にはノーベル化学賞を、1962年にはノーベル平和賞を受賞しています。

▲上に戻る


皆さんはもう「ビタミンP」をご存知ですか?ローズヒップによって「ビタミンP」は大ヒットとなりました。でも、これなに?という方の為に簡単に説明しますね。今までお肌にはビタミンC!美白にもビタミンC!なんていってとにかくビタミンCばかりが表舞台にいましたよね。でも、実はビタミンCは、Cだけではその効果を十分に発揮できないのです。まず、若返りのビタミンと呼ばれている「ビタミンE」が必要です。そして「ビタミンP」!ビタミンPがあってこそさらに効果が発揮されるのです。テレビなどのマスコミでこんなにお肌が綺麗になった!と騒がれているローズヒップは、このビタミンC・E・Pがバランスよく含まれているんですよ。とにかくお肌を気にする方にはもってこいのハーブなのです!ローズヒップはティーで飲んでも良いですし、もちろんサプリメントの錠剤としてでも飲めます。アメリカのお店ではビタミンCのサプリメントのボトルに「with ローズヒップ」とよく書いてあります。ローズヒップのあの酸味からして、ビタミンCだと思い込んでしまいがちですが、必ずしも『ローズヒップ=ビタミンC』をいうことではないのです。

▲上に戻る



歳をとるとどうしてもお肌が老化します。。。昔はぷりぷりしていたのに最近は化粧のノリが悪くなった、肌がぼこぼこしてきた、シミがでてきたなどなど悩みはつきません。。そんな悩める女性に希望の光を持たせてくれたのがこの「ビタミンP」なのです。。!テレビで最近いろいろ話題になっているので、ご存知の方も多いと思いますがまだあまり知らないという方もいらっしゃると思いますので改めて「ビタミンP」の働きについておさらいしてみます!「ビタミンP」の主な働きはとにかく毛細血管の透過性を保ち、血管の壁を強くする!そしてもう皆様ご存知と思いますが、ビタミンCの吸収を助けて、酸化も防ぎ、細胞組織をつなぐコラーゲン生成に必要なビタミンCを補強して血管を丈夫にしてくれます!「血管が強くなる?」とピンとこない方も多いと思います。"生活習慣病の予防で血液をサラサラにしましょう"なんてセリフを聞いた事が皆様一度はあるのではないでしょうか?でも、この聞き飽きているセリフが本当に大事なのです。
体の中を流れている血液(車で言うならエンジンオイルというところでしょうか)これがドロドロだと体にとってものすごい負担になります。血栓が出来る。体がだるい。すぐに眠くなる。頭がすっきりしない。もちろん大病にもつながります。(この血液の汚れがほとんどの現代病の原因といっても過言でないくらい)でも、いくら血液だけがサラサラでもその血液を通す"血管"が弱ければ、困ってしまいますよね。その血管を強くしてくれるのがこの「ビタミンP」なのです!血管。。。意外に盲点ですよね。


▲上に戻る



実はこの「ビタミンP」、突然話題となったので新しいビタミンだと思っている方も多いと思いますがそうではないのです。この「ビタミンP」というのは実は「フラボノイド類」「ルチン」「ヘスペリジン」などの総称で、ここ最近では「フラボノイド」という呼ばれることの方が一般的です。「フラボノイド」なら聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか!?
「ビタミンP」の発見は大分前にさかのぼり、1936年にハンガリアの生化学者「ゼント・ギオルギ氏(Szent Gyorgyi)」によって発見されました。(1937年ノーベル賞受賞)また、ビタミンPの「P」は「浸透性」という意味の「Permeability」という英語の頭文字から取ったというのが一般的ですが、実は「パプリカ」という食物の頭文字のPから取ったものとも言われています。(パプリカはこのフラボノイドの仲間の化合物を豊富に含み、ハンガリア料理には不可欠のもの)
「ビタミンP」はビタミンCに非常に近い作用をする成分"で水溶性のビタミンです。もともと自然界において天然のビタミンCとフラボノイドは混ざり合っているものなのす。ビタミンは炭水化物やたんぱく質と同じ栄養素のひとつです。微量栄養素なのですが、ビタミン、ミネラルは体には不可欠なのです。体の代謝を円滑に行なうために必須な存在です。現在ビタミンは13種類、ビタミンPのような水溶性ビタミンは9種類(体内に貯蔵されないため常に一定量を飲んで下さいね)。ビタミンAのような脂溶性ビタミンは4種類あるといわれています。こちらは体内に蓄積されるので過剰な摂取はよくないといわれています。でも、ほとんどのビタミンは体内で作ることが出来ないのです。だから、食事やサプリメントで補うことが重要なんですね。


▲上に戻る



最近は流行りなので、あちこちで「ビタミンP!!」を聞きますが、それまではちっとも有名ではありませんでした。でも、意外にも身近な食材に含まれているのです。それはまず、みかん・レモン・グレープフルーツ・オレンジなどの柑橘類です。ここで注意することは、ビタミンPはその果物の果皮部分と房を含む薄皮に含まれるということです!あとはや、ぶどう、さくらんぼ、あんず、ブラックベリーなどの果物(実)です。そしてもちろんローズヒップ(バラ)にも!みかんやレモンはビタミンCでも有名ですよね。これらはビタミンPとビタミンCが一度に摂れて一石二鳥です。さらに新鮮なものを加熱しない!これが効率よくとるポイントですよ。そのままかじるのはもちろん、フルーツサラダやヨーグルトと一緒にとる、ゼリーなどに混ぜるというのも良いですよね。(おいしそう♪)ゼリーはコラーゲンも含まれているのでこれまたお肌にはバッチリですね。果物以外は?という方、ありますよ。「おそば」です!おそばに含まれている「ルチン」という成分も実はビタミンPの仲間なのです。日本人になじみの深いおそば食べなきゃ損損。。!


▲上に戻る





「ビタミンP」というサプリメントは存在しますが、それにしてはあまり見かけませんよね?!アメリカではだいぶ前から「ビタミンCコンプレックス」や「バイオフラボノイド」という形でサプリメントとして売られているのが一般的で「ビタミンP」とはあまりいいません。また、アメリカのビタミンCのサプリメントはその多くがすでにこの「ビタミンP」入りなので、あえてこれを売り言葉にしているということはありません。入っていて当たり前っていう感覚もあるかも??
「ビタミンP」のサプリメント(ビタミンPが摂取できるサプリメント)として用いられているものは、バイオフラボノイド類500mgに対してルチンとヘスペリジンがそれぞれ50mg入っているものがほとんどだそうです。最も一般的なルチンとヘスペリジンの1日の摂取量は300mgとされています。
最近では「ローズヒップ」の単体サプリメントも多数出てきています。「お肌をきれいにしたい!」と思ったら、やっぱり美容液やクリームと一緒に体の中からもケアするのがとても大事です。ビタミンCはもちろん、ビタミンE、ビタミンPなどを合わせて摂るのがお勧めです。ビタミンCはできればローズヒップなどビタミンPが入っているものを選んで下さい。ビタミンCを摂りながら更にローズヒップなどの単体で補強したりするのがベターですよね。ティーも気軽に飲めるのでお勧めです。但し、胃腸の弱い方・・・飲みすぎに注意してくださいね。焦らずゆっくり、じっくりです。。

▲上に戻る


〜★弊社でのお取り扱い商品★〜

持続性ビタミンC!お肌にも健康にも◎♪
ビタミンCタイムリリース(ローズヒップ入)

1個 1,400円


2個 2,600円


(※上記は通常価格になります。セールにより価格が変わることがございます。)

*こういった製品や成分などの情報については発行時点の研究や論文に基づいて書かれています。研究の進歩により内容が変わる場合もありますので、その際はご容赦下さい。また、これは成分の働きや効能を保証するものではございません。あくまで参考知識としてご活用ください。

<参考文献>
"Vitamin Bible"
"The Little Herb Encyclopedia"