トップページ > 健康ライブラリー(目次) > αリポ酸

 


【αリポ酸】が大人気の理由とは?!
今、世間で最も注目を集めている【αリポ酸】を徹底解剖!!

αリポ酸ってなぁに?
αリポ酸の特徴
αリポ酸の働き
αリポ酸を多く含む食品


αリポ酸とは、アルファリポイック酸(Alpha Lipoic Acid)のことで、別名チオクト酸やALAとも呼ばれる補酵素です。コエンザイムQ10と同じく、全身に60兆もあるといわれる全ての細胞のミトコンドリアに存在し、糖代謝に深く関わっている物質です。もともとは医療機関内でしか使用が認められていなかったのですが、1年前に『食品』として認可されたことを期に、αリポ酸はとても身近な存在となりました。年齢とともに基礎代謝能力が低下するのは、体内からαリポ酸が減少することが原因のひとつだとも言われています。体内のαリポ酸が不足すると、代謝がうまくできなくなり、糖が細胞内でエネルギーとして使われないため、体脂肪として蓄積されたり、疲れやすくなったり、脳の活動が鈍くなってしまうのです。




それは、なんと言っても他に類を見ないほどの抗酸化力なのです!ビタミンなどに比べて分子が小さいため、水や脂にも溶けやすく、強力な抗酸化作用を発揮します。その抗酸化力はビタミンCやビタミンEの400倍とまで言われるほどです!その上、自らの抗酸化力のみならず、コエンザイムQ10やグルタチオン、ビタミンC・Eなどの抗酸化剤も体内で活性化させる働きもあるのです。

〜Q.『抗酸化』ってなぁに?〜

A.わたしたちが体内に取り入れた酸素は、栄養素と結びついてエネルギーに変わるのですが、その過程で全ての酸素が使われるわけではないのです。そうして使われずに残ってしまった分は、酸化してしまうのです。

本来、活性酸素は外部から侵入するウィルスや細菌を殺し、排除するという役目を担っています。しかし、最近では生活環境の悪化などに伴って、活性酸素が必要以上に体内に発生するようになってきました。活性酸素を増やす原因は、紫外線、喫煙、殺虫剤、排気ガス、電磁波、放射線、環境ホルモンなど、わたしたちの身の周りにあるものばかりです。ストレスもまた、活性酸素を増やしてしまう原因なのです。

鉄が雨に濡れると錆びてしまうように、体の中もそのままの状態にしておくと、酸化はどんどん進み、成人病や生活習慣病の原因となってしまいます。これを抑制しようとすることが『抗酸化』なのです!



●アンチエイジング(老化防止)♪
αリポ酸といったら、この抗酸化パワー!細かい分子が体のすみずみまで浸透し、老化の原因となる活性酸素を破壊します。体の表面だけにとどまらず、細胞レベルから酸化を抑制!体の中から若々しく・・・☆

●ぷるぷる美白肌♪
紫外線やストレスなどで発生してしまった活性酸素を破壊。くま・くすみを目立たなくする * シミ・シワを薄くする *毛穴を引き締めてキメ細かな肌にするなどの働きがあリます。  

●ダイエット♪
代謝を促し、炭水化物やたんぱく質、脂肪をエネルギーに変換しやすくします。体内の糖を分解し、エネルギー変換効率を上げることで、リバウンドしにくい身体づくりをサポート!残った糖が脂肪に変わるのも抑制するので、ダイエットしながらの体質改善も期待できます。

●気になる血糖値に♪
体内にあるインスリンの効率を増やして、血糖値を下げる働きがあります。

●糖尿病予防♪
αリポ酸は、体内の糖分とたんぱく質の結合を防ぎ、血糖値を安定しやすくします。「糖尿病治療薬だった」とも言われるαリポ酸。ヨーロッパでは血圧調整・糖尿病予防に使用したという例も報告されています。その際、副作用が見られなかったことから安全性には定評があり、昨年の6月に厚生労働省が医薬品から栄養補助食品への変更を許可しました。

●解毒作用♪
αリポ酸には、肝機能を強化する働きがあることから、医薬品として以前より食中毒や有害金属の解毒剤として用いられてきました。今注目の『デトックス』作用で、知らない間に蓄積されてしまった老廃物等を除去する手助けをしてくれます。



◎じゃがいも  ◎トマト  ◎ブロッコリー
◎ほうれん草  ◎レバー ◎にんじん

*αリポ酸摂取量の目安は1日100〜300mgだそうです。しかし、1日に食べ物からこの量を摂取するのは無理があるし、年齢とともに、どうしても減少していってしまうのです。それで今、そのまま摂取できるαリポ酸サプリが人気なんですね♪


【αリポ酸】の驚きのパワーをおわかりいただけましたか?
その抗酸化力をはじめとするαリポ酸パワー♪
皆さんもぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか!

<<< トップページへ戻る αリポ酸の商品ページを見る >>>