トップページ > 健康ライブラリー(目次) > 葉酸

 



葉酸って何?
葉酸ってどんな働きをするの?
妊婦さんに葉酸!
不足するとアルツハイマーや動脈硬化に!?
葉酸のいろいろ話♪


「葉酸」(ようさん)という言葉を聞いたことがありますか?「フォーリックアシッド」(FolicAcid)、または「ビタミンM」ともいわれています。最初に抽出されたのはほうれん草からで、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から名づけられたものだそうです。その名の通り、植物に多く含まれています。

葉酸はビタミンの一種。ビタミンというと、ビタミンAやビタミンCを思い浮かべますが、葉酸もビタミンの一種なのです。

ここで素朴な質問。そもそもビタミンってなんだと思いますか??意外と答えられる人が少ないのでは。。?!ビタミンとは、簡単にいうと「人の体を正常にはたらかせるために欠かすことのできない栄養素」です。1日の所要量は炭水化物やたんぱく質に比べてごく微量ですが、微量と言っても不足すると体の様々な不調が現れてきます。

「葉酸」はこの中のビタミンB群というグループにあてはまります。ビタミンB群には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、そしてこの葉酸などが含まれています。ビタミンB群は水溶性ビタミンでお互いに助け合いさまざまな酵素とともに食物の分解を助け、これらの成分の多くを燃やしてエネルギーを作り出します。




葉酸ってどんな働きをするの?   

あまり知られていない「葉酸」ですが、アメリカではここ最近非常に注目されているビタミンの1つでもあります。

●主な働き
*新しい細胞をつくる重要なビタミン
*体の細胞分裂に不可欠
*遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠
*赤血球の合成
*アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成やたんぱく質の生成・促進作用がある
*皮膚の粘膜の強化
*口内粘膜の強化 、口内炎の潰瘍を予防
*貧血を防ぐ
*衰弱しているときの食欲増進
*腸内の寄生虫や食中毒から守る。
*母乳の出をよくする

昔から一般的に知られていることは、「妊婦」に必要、不足すると貧血になるなどで、どちらかといえばあまり重要視されていないビタミンの一つでしたが実はここ最近でグンと葉酸が見直されています。注目したいのがまず「新しい細胞をつくる重要なビタミン」ということです。私たち人間は約60兆個の細胞があるといわれていますが、葉酸はその全ての細胞の維持し、活動を支えているのです。葉酸は細胞を作るのに必要な栄養素で仲間の栄養素と協力して新しい細胞を作ってくれるのです。

●一日の摂取量目安
*成人男女 1日400μg (現在日本では200μg)
 (最近アメリカでは800IUのサプリメントが多い)
*妊婦 1日400μg
*授乳婦 1日280μg
 (あくまで目安です。これよりもっと必要だという声も少なくありません)

●葉酸を多く含む食べ物
濃緑色野菜(ほうれん草など)、にんじん、レバー、卵黄、アンズ、かぼちゃ、アボガド、マメ、ライ麦粉など。

●不足すると
悪性の貧血(DNAの合成障害が原因で起こる貧血)、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢、顔色が悪い、脳の障害、動脈硬化など

●葉酸を摂るならサプリメント?!
葉酸は非常に壊れやすく、吸収しづらい上にタバコや飲酒などで消費れやすい栄養素です。ですのでサプリメントでの摂取が最も手っ取り早い方法だと推奨されています。サプリメントのビタミンは天然物より少し落ちるというイメージがありますが、葉酸に限っては必ずしもそうではないといわれています。分子を細かくした状態で作られているので吸収率が食べ物から摂るより格段に良いのです。

●副作用は?
今のところ報告されていません。ただ中には皮膚のアレルギーを起こす方がまれにいるといわれています。また「過剰摂取」についても現在のところ特に報告されていません。葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰分は腎臓から尿の中に排出されるためそれほど過剰摂取に敏感になる必要はないようです。但し、「てんかんで“フェニトイン”(抗けいれん剤)の投与をうけている人は大量の葉酸を摂るとけいれんを起こす可能性があります。




健康な赤ちゃんが生まれてくることを願わない親はいませんよね。のお母さんもお父さんも妊娠したことを知った時から、10ヵ月後に生まれてくる健康な赤ちゃんを抱っこできることを望んでます。しかし現実には不幸にも障害を持って生まれてきてしまう赤ちゃんもいます。一体どこに違いがあるのでしょうか?こういった背景には様々な原因がありますが、その一つに「葉酸不足」が指摘されています。

お母さんの体の中では胎児の成長の為の新しい細胞作りが行われていて、それには「葉酸」が不可欠。その必要量は一般の倍といわれています。妊婦にとって胎児の成長が最も盛んな妊娠初期(妊娠12週まで)がとても大切で、この時期に大事な「神経細胞」も形成されます。ですのでこの大切な時期に葉酸が不足していると神経管閉鎖障害などの障害児が生まれるリスクを増加するのです。お母さんも必要ですが、赤ちゃんはもっと必要としているんです。

●妊婦、授乳時の葉酸摂取量目安
*妊婦・・・1日400μg(=0.4mg)。
*授乳期・・・最初の6ヶ月  1日280μg(=0.28mg)
          次の6ヶ月  1日260μg(=0.26mg)

★日本でもやっと。。!
日本でも厚生労働省が2001年11月に母子健康手帳に「葉酸の必要性」を記載し、2002年4月以降に渡される母子健康手帳には、このことが書いてあるそうです。

★妊娠1ヶ月前から!
大抵、女性が妊娠に気がつくのは、妊娠2〜3ヵ月のころです。「ひょっとして妊娠したの?」って気がつく頃には12週くらいになっていることもあるかもしれません・・。そう考えると、妊娠する予定のある女性なら妊娠前からきちんと葉酸を摂取したほうが良いのです。妊娠を考えている人、妊娠する可能性のある女性は、妊娠する1ヵ月前から妊娠12週まで葉酸を1日400μg摂取すれば、神経管閉鎖障害児の出生リスクを70%軽減することができるとも言われているのです。



ご存知ない方も多いと思いますが、実は現在、葉酸不足による「ガン」や「痴呆症」「動脈硬化」が急増しているといわれているんです。今までは女性、特に妊婦に必要なビタミンといわれてきましたが、葉酸は全ての老若男女に必要ということがわかってきたのです。

●脳に必要!
脳の中では色々な情報が伝達されています。その伝達を確実に行うために必要なのが「リン脂質」です。リン脂質は神経細胞を守り、全身に色々な指示を出しています。「葉酸」はこのリン脂質の生成に不可欠なのです。活性酸素などにより「リン脂質」が傷つけられると通常は修復されるのですが、葉酸など必要な栄養素が不足していると修復できません。これが様々な脳障害の原因にもなってしまうということが最近の研究で明らかになってきました。これがアルツハイマーの原因になるというわけです。
 
●動脈硬化のリスクが3倍に
葉酸不足によって動脈硬化のリスクが3倍も増えることが明らかになりました。この原因は葉酸が不足すると体内に「ホモシステイン」という物質が増えます。このホモシステインは大量に発生すると、活性酸素を作り出し、血管の内側を傷つけ、動脈硬化を起こしやすくします。更に、血管の柔軟性をうばい、血小板の凝縮機能を妨げます。この結果、大きな血栓をつくり動脈硬化を導く、というわけです。

アメリカではこの葉酸不足に対する対応がいち早く行われました。この状況に危機感を抱き、1998年「全ての穀類に葉酸の添加を義務付け」という対策をとったのです。いかにこの事態を深刻に受け止めたのかがうかがえますよね。半ば強制的に葉酸を摂取させるようにしたのです。そしてこの結果、動脈硬化による疾患での死亡者は約20%減少をしたそうです。




●アメリカでは常識?!
アメリカでは、上記の勧告よりだいぶ前にもっと早い時期から「妊婦の葉酸必要性」が提唱され、1992年に、妊娠する可能性のある女性は葉酸を1日400μgは摂取しよう!」という勧告が発表され、先天異常児の発症リスクの減少に力を入れています。更に葉酸入りのシリアルやパスタなども登場して皆さん積極的に葉酸の摂取を心がけているようです。妊婦中、病院へ検査に行った時にすぐ「葉酸は飲んでいるのか?」とたずねられ、さらに妊婦用のサプリメントを買って行くようにと言われる妊婦さんも多いのです。アメリカでは「妊婦=葉酸」がかなり浸透しているようです。最近では1粒で「800IU」が摂れるタイプのサプリメントが主流となってきているように思います。
★日本では★
2000年12月にようやく厚生労働省から1日400μgの摂取が望ましいとの報道がされましたが、まだまだあまり浸透していないように思われます。

●あなたは葉酸不足??
下記に当てはまる人は葉酸が不足している可能性がありますよ。要チェック!
*アルコールをたくさん飲む
*生野菜や果物をあまり食べない
*原因はわからないが食欲があまりない
*湿疹ができやすい
*髪の毛が不健康で何をやってもよくならない
*年齢の割に白髪が多い。
*原因はわからないが気持ちが落ち込みやすい
*特に理由がないのにひんぱんに胃腸の調子が悪くなる
*胸が息苦しくなることがある、息がきれる
*30分以上の激しい運動を週3回以上続けている。
*手足が冷えやすい。
*普通の人より寒がり
*年齢が40歳以上である。
*もの忘れが激しくなった

●注目すべき葉酸のその他の働き
★白髪を遅らせる?!
パントテン酸、パラアミノ安息香酸(PABA)と同時に摂ると白髪になるのを遅らせることができるかもしれないといわれています。
★シミが消えた!
毎日1〜5mgの葉酸を短期間摂ったらシミが消えた!という報告がたくさんあります。シミで悩む人は栄養学に詳しい専門医などに相談の上試してみるのもいいかもしれません。

●葉酸を普通の人より多く必要とする人
*お酒をよく飲む人
適量(日本酒1合、ビール大瓶1本、ワイングラス2杯)以上をほぼ毎日、または週3回以上飲む人。
*ビタミンCを多量に摂る人
1日2000mg以上のビタミンCを摂っている人は葉酸の排泄量が増えるので摂取量を増やした方がよいそうです。
*下記の薬を飲んでいる人
・アスピリン
・ジランチン(てんかんの薬)
・エストロゲン
・スルフォンアミド
・フェノバルビタール(催眠、鎮静剤)

 



〜★弊社でのお取り扱い商品★〜





葉酸 800mcg


1個 1,200円






葉酸 800mcg 2個セット


2個 2,200円

(※上記は通常価格になります。セールにより価格が変わることがございます。)

*こういった製品や成分などの情報については発行時点の研究や論文に基づいて書かれています。研究の進歩により内容が変わる場合もありますのでその際はご容赦下さい。また、これは成分の働きや効能を保証するものではございません。あくまで参考知識としてご活用ください。

<参考文献>弊社のメールマガジンより 抜粋(第145号2003年8月8日号より)