トップページ > 健康ライブラリー(目次) > アミノ酸

 


      
そもそもアミノ酸ってなぁに?
こんなにあるの?!アミノ酸の種類
アミノ酸の主な働きとは・・・


人間の体の60%は水分です。残りの約半分・・・つまり20%がたんぱく質などのアミノ酸でつくられています。アミノ酸は人間が生きていく上で必要不可欠なものであり、生命の源となる栄養成分です。わたしたちの体内でいろいろな身体機能を担い、とても重要な役割を果たしているため、今、さまざまな場面で大活躍しているのです!!通常の食事をしていれば、アミノ酸が不足することはありませんが、もしアミノ酸欠乏症になってしまうと、体の機能が正常に働かなくなり、肌荒れが起こりやすくなったりします。深刻な場合には成長や生命に影響するとも言われています。

たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。
そのうちの11種類は体内で合成することができますが(非必須アミノ酸)、あとの9種類は体内で合成されないため、食事から補う必要があるのです。このように体内で合成されないものを『必須アミノ酸』といいます。





◎今注目を浴びている【BCAA】も必須アミノ酸の仲間です。
【BCAA】とは、【Branched Chain Amino Acid (分岐鎖アミノ酸)】の頭文字を取ったもので、ロイシン・イソロイシン・バリンという3つのアミノ酸の総称です。【BCAA】は筋肉や骨格筋の生成に関わり、スポーツには欠かせません。運動時の筋疲労抑制や持久力向上をサポートしてくれます。最近ではダイエットにも良いことがわかってきました。




【アルギニン】は成長ホルモンの分泌に必要だと言われています。
大豆・玄米・えび・レーズン・肉類(鶏)・ナッツ・乳製品(牛乳)などに多く含まれており、発育期・成長期には欠かせないアミノ酸です。血液の循環を促し、健康的な血流と血圧の維持をサポート!また、抗酸化・抗フリーラジカル作用もあることから、アンチエイジング効果も期待されています。

【システイン】は体内にも存在しているアミノ酸です。
爪・肌・髪の主要構成要素であり、コラーゲンの生成を助けます。メラニン生成抑制・排泄促進作用があり、シミやニキビ跡の改善にも用いられています。お酒やタバコで弱った肝臓のダメージを防ぎ、活性化させます。【システイン】を含んだ食品には、大豆・柿・栗・小麦などがあります。

【グルタミン】は、筋肉組織の中に存在するアミノ酸の50%を占めるといわれています。
筋タンパクの合成を促進させたり、免疫機能を向上させて、風邪や感染症などにかかりにくくする働きがあります。また、脳内で精神をリラックスさせる作用のあるGABA(ガンマアミノ酪酸)の生成を助け、脳機能と精神のバランスを取る働きもあります。


体内には、上記のたんぱく質に再合成されたアミノ酸のほかに、細胞や血液中に蓄えられているアミノ酸もあります。 それらは『遊離アミノ酸』と呼ばれています。その中でも今、いちばん注目を集めているのが【オルニチン】です。 【オルニチン】は、『遊離アミノ酸』といって、たんぱく質をつくらないアミノ酸です。魚介類(とくにしじみ貝)に 含まれる【オルニチン】は、研究を進めていくうちに、筋肉増強・脂肪燃焼・免疫力向上など、体全体の美容や健康維持のための幅広い働きが解明されてきました。現代人に多いとされる肝機能の低下においても、【オルニチン】は有害なアンモニアを肝臓に取り込んで尿素に変える解毒作用があります。そのため、尿素回路は別名『オルニチンサイクル』とも呼ばれて いるほどなんです!



☆スポーツに
『アミノ酸』と聞いていちばん先に思い浮かべるのはスポーツじゃないですか?!どうしてアミノ酸がスポーツに良いのかというと、アミノ酸には筋力・持久力の向上、集中力維持、疲労回復などを強力にサポートする働きがあるからです。さきほどちょっとお話した【BCAA】も運動エネルギーとなるのでスタミナの持続が可能になるのです。運動直後に【BCAA】を摂取した場合は、筋肉痛や筋肉疲労を防ぎ、筋肉の損傷を回復させる働きが報告されています。

 ◎筋力UPのアミノ酸 ⇒ BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)・グルタミンアルギニンオルニチン


☆ダイエットに
いちばん理想的なダイエットは、体脂肪を減らしながら筋肉を引き締めていくことです。たとえば食事の量などを減らして筋肉が衰えてしまうと、体型が維持できなかったり、姿勢が悪くなったり、消費できるエネルギーが少なくなったりしてしまうのです。ダイエットには、充分な栄養を摂った上で体脂肪を減少させ、さらに筋肉を引き締めるということが、とても重要なのです。

 ◎脂肪の分解・燃焼を助けるアミノ酸 ⇒ アラニン・オルニチンアルギニン・ヒスチジン・アスパラギン酸♪


☆美容に
肌の天然保湿成分の約半分はアミノ酸で形成されています。それだけではありません!今話題の美容成分コラーゲンやエラスチンも実はアミノ酸なんです!お肌の柔軟性や弾力性を保っているコラーゲンやエラスチンは、たんぱく質成分です。つまり、たんぱく質はいくつものアミノ酸で構成されていますから、肌荒れ・カサつき・くすみ・アトピー性皮膚炎などのお肌のトラブルは、アミノ酸不足ととても深い関係にあるというわけです。また最近では『アミノ酸配合』と表記されたシャンプーやリンス、ボディーソープなどをよく目にしますよね?!それは、アミノ酸は皮膚に対するダメージが少なく、髪に含まれるたんぱく質が失われるのを防ぐからなのです。

 ◎美肌・美髪作用のあるアミノ酸 ⇒ アルギニンシステイン



アミノ酸について少しおわかりいただけたでしょうか?
このようにアミノ酸はわたしたちの体内で、こんなにも多くの働きをしているのです♪
皆さんもアミノ酸パワーで健康な体を手に入れてみてはいかがでしょう?!

<<< トップページへ戻る アミノ酸の商品ページを見る >>>